2010年06月07日

「地元合意ない」「手順おかしい」=普天間で政府批判相次ぐ―民主(時事通信)

 岡田克也外相は2日午前の外務省政策会議で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設の日米合意と政府対処方針を民主党側に報告した。これに対し、出席議員からは「地元の合意を得ていない」「与党議員に相談もせず、土壇場で全国知事会議で協力を求めるなど手順がおかしい」との批判が相次いだ。
 会議では、鳩山由紀夫首相が沖縄県外への移設を目指すと公言しながら、移設先が同県名護市辺野古周辺となった交渉経緯を明らかにするよう複数の議員が要求。また、米軍訓練の分散移転案について「米軍は空いたところにまた入ってくる」と負担軽減効果を疑問視する声も上がった。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜社民、連立政権を離脱〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ〜

【首相辞任】「すべてが中途半端」「何だこりゃ」「辞めるって逃げること」 あきれた街の声(産経新聞)
<脱税>社長在宅起訴、著名絵画の売却益申告せず 津地検(毎日新聞)
<天皇、皇后両陛下>戦没・殉職船員追悼式に出席(毎日新聞)
偽装献金事件 政治資金報告書、鳩山首相が訂正(毎日新聞)
首相動静(6月1日)(時事通信)
posted by ジンボ コウジロウ at 13:01| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

<不同意堕胎>小林容疑者「結婚控えて流産させた」(毎日新聞)

 妊娠していた交際相手の女性に子宮収縮剤を投与して流産させたとして、不同意堕胎容疑で逮捕された東京慈恵会医科大学付属病院の内科医、小林達之助容疑者(36)が「結婚を控えていた時期だったので流産させた」と供述していることが分かった。捜査幹部が明らかにした。

 捜査幹部によると、小林容疑者は08年12月30日に女性から「妊娠した」とメールで告げられ、翌年の1月上旬に別の女性と結婚していた。警視庁捜査1課は、結婚を控えた小林容疑者が女性との関係を早急に清算しようとしたとみて捜査している。【神澤龍二】

【関連ニュース】
不同意堕胎:「勤務先から子宮収縮液入手」と供述
不同意堕胎:医師「流産させた」 容疑の一部認める供述
不同意堕胎:逮捕の医師「ビタミン剤」と交際女性にメール
不同意堕胎:薬品の持ち出し 調査を開始…慈恵医大病院
不同意堕胎容疑:36歳医師を逮捕 交際女性、点滴で流産

学校の弓・矢160点窃盗、大学生ら6人書類送検 兵庫・三田(産経新聞)
原口総務相 「宝くじ存続へ全力挙げ改革」(毎日新聞)
<もんじゅ>クレーンから煙 環境に影響なし(毎日新聞)
長崎・平戸漁船沈没 「追い波」減速せず転覆 巻き網船構造も一因 (産経新聞)
東京・秋葉原の歩行者天国、7月中旬にも復活へ(読売新聞)
posted by ジンボ コウジロウ at 13:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。