2010年04月21日

普天間移設 辺野古浅瀬案、提案へ 政府、米側に苦肉の策(産経新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、政府が米軍キャンプ・シュワブ(同県名護市辺野古)の南方沖の浅瀬に滑走路を建設する「浅瀬案」を検討、米側に提案する方向であることが16日、分かった。政府が検討してきたシュワブ陸上案と鹿児島県・徳之島を組み合わせる移設案は、米政府や地元自治体が難色。米側の理解を得られそうな浅瀬案での事態打開を模索するが、「公約違反」である上に社民党の反発は必至で、与党内調整は難航しそうだ。

 浅瀬案は、辺野古沖の浅瀬を埋め立てて1500メートル規模の滑走路を建設する案だ。かつて米側の主張をもとに日米両政府で検討したが、断念した。今でも米側が容認する可能性が高く、現行案などに比べ工費が安価だとされる。ヘリコプターが住宅地の上空を飛ばず、騒音問題や危険性を回避できるメリットがある。

 鳩山由紀夫首相は依然として「県外移設」案を完全に捨てたわけではないが、シュワブ陸上部に600メートル級のヘリ離着陸帯を造り、可能な限りのヘリを徳之島に移す政府案は、米側が拒否する姿勢だ。地元住民や社民党も反対しており、合意の可能性は小さい。

 このため、政府・与党内では米国と地元、連立与党が合意する「5月決着」は絶望視され、このままでは普天間飛行場が継続使用される最悪のシナリオが現実になる。浅瀬案は「移設問題を何とかソフトランディングさせる」(政府高官)ための苦肉の策だ。

 ただ、鳩山政権はこれまで「少なくとも県外移設」と訴え、県外移設への期待感を高めてしまっていただけに、首相の責任を問う声が上がるのは確実だ。また、県外・国外移設を主張する社民党が浅瀬案で納得することは考えにくく、首相は連立政権の枠組みに関して重大な決断を迫られる場面も出てきそうだ。

 政府・与党は、浅瀬案に加え、これまでの県側の要望も踏まえ、現在の環境影響評価(アセスメント)の許容範囲内で現行案を沖合移動させる修正案の可否も検討。2本のV字形滑走路を建設する現行案を滑走路1本に縮小する新たな修正案も浮上している。

<京阪電鉄>開業100周年 大阪・中之島駅で記念式典(毎日新聞)
消費税論争勃発 民主執行部のバラマキ路線牽制(産経新聞)
普天間で解散、衆参同日選も…自民・大島氏(読売新聞)
政治とカネ「来週に決着する」その真意は?(産経新聞)
【from Editor】同音異義語たちと仲良く(産経新聞)
posted by ジンボ コウジロウ at 12:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

<菅副総理>政府内で増税協議へ (毎日新聞)

 菅直人副総理兼財務相は12日、東京都内の日本外国特派員協会で講演し、「増税しても、使う道を間違わなければ(お金が循環して)景気が良くなる」と述べ、今国会への提出を目指している財政健全化法に増税を盛り込む方向で政府内で議論を進める姿勢を示した。ただ、増税の具体的な内容や時期には言及しなかった。

 菅氏は、「一番最近で人気のあった小泉(純一郎元首相)さんでさえ、『自分が総理の間は消費税を上げない』と言ってこの(増税)問題を避けた」と指摘。「日本の政治家には、増税すると選挙に負けるというトラウマがある。選挙の争点としてこの問題を語る限りは、自分の任期の間はやめておこうとなる」として、税制改革についての与野党協議の必要性を強調した。

 その上で、「財政健全化だけでなく、成長と社会保障のあり方も含めた国会での議論の場を作っていこうと準備している」と述べ、財政健全化法案に経済成長や社会保障制度の将来像も盛り込む方針を示した。【坂井隆之】

【関連ニュース】
菅副総理:「死刑執行」に懸念表明 会談で中国首相に
菅財務相:今国会中の補正予算編成に慎重姿勢
自民:警戒感強める 財務相「財政健全化法案」検討で
郵政改革:菅氏と亀井氏、テレビ番組で口論
郵政改革:閣内対立激化 鳩・菅・仙VS社・国の構図に

<善通寺市長選>平岡氏が無投票で初当選 香川(毎日新聞)
舛添氏に厳しい処分を=自民全議員懇で続出(時事通信)
花冷え7分咲き 造幣局「通り抜け」(産経新聞)
<成田空港>軍用拳銃300丁国内へ ドイツから誤って送付(毎日新聞)
<立川談志さん>高座に復帰(毎日新聞)
posted by ジンボ コウジロウ at 15:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

強盗殺人で無職男に無期懲役=酒店主襲い5万円奪う−千葉地裁(時事通信)

 千葉県船橋市咲が丘の酒店で昨年1月、店主が殺害され現金が奪われた事件で、強盗殺人などの罪に問われた無職山田十四夫被告(61)の判決公判が8日、千葉地裁であり、渡辺英敬裁判長は求刑通り無期懲役を言い渡した。
 検察側は論告で「計画的な行動で、明確な殺意があった」と指摘。弁護側は「無期懲役は重過ぎる」と主張していた。
 起訴状によると、山田被告は昨年1月29日午後5時半ごろ、酒店に侵入し、店主の秋本敏男さん=当時(65)=を刃物で刺し殺害、現金約5万円を奪ったなどとされる。 

中国帰国者 支援者と「最後の花見会」 市民団体の解散で(毎日新聞)
<将棋問題>第1302回 問題(毎日新聞)
若林氏辞任で鳩山首相「大変驚いている」(産経新聞)
<平城宮跡>第1次大極殿ライトアップ 古都の夜空照らす(毎日新聞)
<高校無償化法>成立、4月1日から施行 朝鮮学校は先送り(毎日新聞)
posted by ジンボ コウジロウ at 01:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。